2008年6月の9枚

MUROさんの伝説のミックステープ 「 KING OF DIGGIN’ 」
のナンバー3を聞きながら久しぶりにレビューを書きます。
やっぱMUROさんはほんとすごいです。
6月に買ったレコードのレビューを10月に書いて何の意味があるのか。。。
意味なんてナナナナイッス♪

①              ②             ③
ED%20KELLY%20%26%20FRIEND%E3%80%805800%E5%86%86%E3%80%807000%E5%86%86%E3%80%809800%E5%86%86.jpg ANITA%20STRANDELL%20%E3%80%80Det%20Ar%20Jag%20Som%20Ar%E3%80%804800.jpg The%20Match%20%20A%20New%20Light%E3%80%801800%E5%86%86%E3%80%802490%E3%80%804260.jpg 

① Ed Kelly & Friend / S.T. 
ファラオサンダースがカバーした「 You Got To Have Freedom 」
の原曲が入っているということで知られる79年のLPです。
「 Freedom 」のオリジナルはこっちの方です♪ファラオのLPは80年。
因みにこのEd Kelly バージョンの「 You Got To Have Freedom 」でも
ファラオがサックスを吹いています。ちょいゆっくり目なバージョンは、
クラブ向きではないですね。
LP通して全体的に部屋でかけっ放しできる作りで、お酒に合います。
HIP HOPの上ネタに使えそうな「 PIPPIN 」もイイですよ。
スピリチュアル・ジャズの中ではかなり聞きやすい1枚なのでお勧めYO
そんなに頻繁に見かける盤ではなく
高い店だと7000円、9800円ついてしまう物なので、5800円で見つけて即クリック♪
しかし、最近
「この店全体的に何でも高いよなぁ」と思っていた渋谷のとある名店のオンラインで
まさかの2900円で発見。泣きました。
( 6月25日 @ シエスタレコード通販 )

② Anita Strandell / Det Ar Jag Som Ar
これもそんなに有名な盤ではないと思います。
ギミックスのボーカル Anita のソロアルバムでディスコしちゃってる系で、
昔、MARQUEE誌の READYMADE ROOM SPECIAL でスーさんが紹介していました。
このLPの中に、TATA VEGAのフリソクラシック「 You’ll Never Rock Alone 」
のカバーが入っていて、それ狙いで4800円も出してしまいましたわ。
ユニオンとかだったら3500円位で買えそうな感じがします。
( 6月25日 @ シエスタレコード通販 )

③ The Match / A New Light
ソフトロックって何?と可愛い女子に聞かれたら
黙ってこのLPを聞かせてあげたい、、、そんな最高なソフトロックです。
ロジャニコ「 Don’t Take Your Time 」のカバーが有名なLPですが
「 Mornin’ I’ll Be Movin’ on 」のカバー、
「 Trough Spray Colored Glasses 」もお勧めです。
高い店だと2490円、4260円(やりすぎ)とかしますが
1800円で買いました。
ソフトロック、好きなんですけど知識が全然なくて(苦)
誰か教えてください。
( 6月25日 @ シエスタレコード通販 )

④               ⑤             ⑥
Benny%20Sings%20I%20Love%20You%E3%80%801260.jpg Todd%20Rundgren%E3%80%80Something%E3%80%80Anything%E3%80%80%E3%80%80662%E5%86%86.jpg Donald%20Byrd%20And%20125th%20Street%20N.Y.C.%201470.jpg 

④ Benny Sings / I Love You
ベニーシングスの2005年作品。おさレコファンの間で大ヒットしました。
このレコードは発売時、ネットで試聴していいと思い、2・3日してから買おうとしたら
どこでも売り切れていたため諦めたという苦い過去のあるブツです。
この手のレコードはなかなか中古で出てこないと思っていましたが
北浦和のユニオンで1260円で捕獲しました。2800円とかで売っていても多分買ったと思います。
「 Little Donna 」という曲が
ノーランズの「 Gotta Pull Myself Together ( 邦題: 恋のハッピー・デート )」
と似ていて上質なPOPSです。一部の界隈でかなり流行った曲だと思われます。
ベニーシングスは最近だとWouter Hamelのプロデュースで話題になりましたね。
彼は多分天才です♪
( 6月11日 @ ディスクユニオン北浦和店 )

⑤ Todd Rundgren / Something Anything
トッドラングレンの代表作、で大名作。
今まで持っていなかったことが恥ずかしい1枚です。
手軽な値段で買おうとしてたらタイミングがつかめず買わずじまいでしたが
662円でゲット。この値段安いですよね。
「 Hello It’s Me 」「 I Saw The Light 」収録ですが他にもいい曲満載です。
「レア盤買うならこっちもちゃんと通っておけ」 な レコードです。
( 6月24日 @ ディスクユニオン北浦和店 )

⑥ Donald Byrd And 125th Street N.Y.C. / S.T.
黒い感じのイラストのジャケがそそります。
DJ TATSUTA氏のミックステープ「 Tatsutabbies 」のB面ラストに入っていて
気長に探していた「 Morning (クレアフィッシャー作) 」のカバーがこのLPに入っています。
Mornngのカバーの中では一番踊れるかもしれません。
1470円で購入。あまりしつこく探していたわけではないので、
欲しいと思ってから手に入れるまで7年ほどかかってしまいました。
( 6月11日 @ ディスクユニオン北浦和店 )

⑦              ⑧              ⑨
%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20Key%20of%20life%E3%80%80Asayake%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%A7%E3%80%80662%E5%86%86.jpg Nas%2010th%20Anniversary%20Platinum%20Edition%E3%80%801323%E5%86%86.jpg Urbs%20%26%20Cutex%20Breaks%20Of%20Dawn%201323%E5%86%86.jpg

⑦ Key of life / Asayakeの中で
まずこのアナログ(プロモ)があったという事実にびっくり♪
高校生のときにOICのみんなでカラオケで歌ったり
アフロイェローで使われたりと、個人的に大好きなKEY OF LIFEなんですわ。
カシオペアの「ASAYAKE」もろ使いということで、大胆かつ切ないトラックに
のるGAKUさんのラップ、青春の1ページ系です。
6年前に見つけてたら4800円とかでも買っててかもしれません。
662円で手に入ったユニオン北浦和、マジヤンパ無し。
( 6月24日 @ ディスクユニオン北浦和店 )

⑧ Nas 10th Anniversary Platinum Edition
NASの10周年記念アルバムのアナログです。
ただのベスト盤ではなく
「 THE WORLD IS YOURS 」の切ない感じのリミックスが入っていて
それ目当てで買いました。1323円なり。
このリミックスをオーバーヒアでマイメンのシュウイチA,K,A, NK SUNSHINEが
よーさかけていました。
( 6月24日 @ ディスクユニオン北浦和店 )

⑨ Urbs & Cutex / Breaks Of Dawn
オーストリアのウィーン発の2人組のJAZZY HIP HOP(あんまこの言葉好きじゃない)
で、先にセカンド(激名作)を持っていたんですが、このファーストも中古でゲット。
1323円でした。
このLPはサバービアからからちょい前に出た
ESSENTIAL MELLOW BEATS というディスクガイドで
ムジカノッサの中村智昭さんが紹介していました。
そしてこのLPの中に入っているヒュバートローズ使いの「UP & DOWN」は
ディスクガイドと同じタイミングで出たCD「MELLOW BEATS, RHYMES & VIBES 」
の中にも収録されていました。是非聞いてもらいたいです。
( 6月24日 @ ディスクユニオン北浦和店 )

レコードを沢山抱えて海外旅行から帰ってきた次の日、
6月24日に行ったユニオン北浦和で結構いいものをゲットできました。
小ビッグバンウィークでした。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. GUN より:

    相変わらず安く買う一方で高いレコも買うスタイルですね。
    Anita Strandellの「 You’ll Never Rock Alone 」ってオリジ超えます?
    かなり好きな曲なのでオリジ超えならぼくも狙いたいです!

  2. TEZY JAY より:

    GUNさん☆

    「 You’ll Never Rock Alone 」は英語ではなくスウェーデン語で歌われているので珍しいです。
    ただ、英語の方が合唱するときに感情移入しやすい(笑)です。

    お勧めですよ。

    TATA VEGAのバージョンもホントに素敵ですよね♪

コメントを残す