2009年7月のレコード その5

  • LINEで送る

もう9月になったので7月のレコはこれでおしまい。
最後の5枚。気の抜けた5枚。

① The Ventures / Pops In Japan ’71
The%20Ventures%20Pops%20In%20Japan%20%2771%20100.jpg
ベンチャーズが71年の日本のヒット曲をカバーしたと思われる1枚。
「 TO BE TOGETHER AGAIN 」(あの素晴しい愛をもう一度)
がかなり素敵なアレンジで
LOS MANOLOS「 ALL MY LOVIN’ 」

と相性ばっちりです。
あと
「 MATA – AU – HI – MADE 」(また逢う日まで)
も良かった。100円DEF
越谷のSMP  いいお店です。

②リーダーズ・ダイジェスト / 禁じられた遊び
%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%80%E7%A6%81%E3%81%98%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E9%81%8A%E3%81%B3100.jpg
この手の軽音楽シリーズやサントラシリーズは
とりあえず裏を見て収録曲をチェックしています。
「 ロシュフォールの恋人たち 」の曲のカバーとかがごくたまに
入っていてテンションが上がることがありますが
このLPもびっくりでした。
「 男と女 」
「 うわさの男 」
なんかに混じって

「 マッシュ 」

が入ってました。勿論「 M*A*S*H 」のテーマです。
これはびっくりでした。
演奏者、って言うのかな?は

ジョニー・ダグラス編曲・指揮、リビング・ストリングス

らしいです。もろ軽音楽アレンジでそれもご愛嬌♪
これもSMPで100円。

③ Tony Mottola / Tony & Strings
Tony%20Mottola%20Tony%20%26%20Strings%20420.jpg
いつものProject3物です。
これこれ↓このレーベルロゴを見るたびに
g%20008.jpg
必ず買ってしまいます。(1000円以内ならですが)
これは名ギター奏者 TONT MOTTOLA の72年のLPです。
CAROLE KING のLP 「 MUSIC 」 に収録され
THE CARPENTERS が歌っていたことでも知られる
「 IT’S GOING TO TAKE SOME TIME 」や
「ゴッドファザーのテーマ」のソフトなギターカバーに癒されます。
TONT MOTTOLA 自ら作ったと思われる
「 BOSSA LA LA LA 」というスキャット物はおさレコ好きには
是非聴いてもらいたい一曲です。んーナイス♪
ジャケも素敵だし、420円という値段もナイスですわ◎

④ The Robert DeComier Singers / Walking In The Sunshine
The%20Robert%20DeComier%20Singers%20Walking%20In%20The%20Sunshine%20100.jpg
これは上のProject3の前身レーベルと思われるCommand records のLPです。
x%20005.jpg
↑これがレーベルロゴ
「 DANG ME 」という曲が明るいスキャット物でまあまあでした。
ハンバーガー屋でかかっていて欲しい感じのLPです。
北浦和のユニオンで100円。

⑤ O.S.T. / 凶弾
O.S.T.%20%E5%87%B6%E5%BC%BE%20100.jpg
和物です。石原良純主演の映画のサントラみたいです。
ジャケからホカホカ伝わるヤバブツ感にそそのかされ100円で購入。
ほぼ聞ける曲ありませんでしたが、あるとすれば
山本達彦 「 LAST GOOD-BYE 」
http://www.youtube.com/watch?v=WZ1EyVNp7S0
位ですね。
悔しいので載せときます。
★裏ジャケ★
t%20001.jpg

★中の紙1
t%20002.jpg
★中の紙2
t%20003.jpg
ジャケ等に関しては★5つのLPでした。

以上、7月分でした。
買った(頂いた)レコの半分位は紹介できました。
あとはMIXIのフォトに全部載せときまふ。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す