2009年8月のレコード その1

8月に買ったレコです。お洒落っぽいのを中心に5枚。
8月分は5枚刻みで載っけてきます♪

① The Four King Cousins / Introducing…
t%20005.jpg
欲しかったけど、オリジナルは高くてなかなか手が出なかった盤です。
再発LPが出てもそんなに値段が下がらず
オリジは安くて9800円、高くて12800円超えのレコードでした。
それが渋谷のユニオンジャズ・レアグル館でジャケットダメージ大のため
6300円。10%オフで買ったので5000円台でした。
ジャケットのコンディションが非常に悪いので普通の人なら買わないかも、、、
音は全然問題なしです♪
「 LOVE SO FINE 」のカバー

や「 I FELL 」が人気ですが
「 HERE , THERE AND EVERYWHERE 」のカバーも良いです。
久しぶりに5000円を超えるレコードを買いました。

② V.A. / Cine – Music
t%20008.jpg
Jean Claudric や Guy Boyer が映画音楽をカバーしたLPです(多分)
Guy Boyer et Son Orchestre による
「 LA CHANSON DES JUMELLES ( 双子姉妹の歌 )」
のインストカバーが入っています。
この曲は須永さんのオルガンバーのCDで一瞬だけ使われていた気がします。
このLPと同じジャケの7インチも持っていて、前に2800円ほど出して買いました。
こちらのLPは渋谷地下で840円だったので買っておきました。
つける店は3800円程度でしょう。

③ The Ray Charles Singers / Take Me Along !
t%20009.jpg
COMMAND レーベルの1枚で、あのレイチャールズとは違うレイチャールズです。
これも渋谷ユニオン地下で買ったんですが、出かける前に丁度
小西さん × 常盤さんの
「 いつもレコードのことばかり考えている人のために。 」
%E3%81%84%E3%81%A4%E3%82%8C%E3%81%93.jpg
を読んでいたので、このようなお洒落ジャケを見て買わずにはいられなかった。
「内容はどうでも良い」  とはいえないのでクレジットを見ると
「 WINDY 」のカバーが入っているのを発見し、試聴せずに買いました。
「 WINDY 」はいまいちでしたが
LPのタイトル曲「 TAKE ME ALONG 」がなかなかの出来でした。
840円やしOKです。
YOUTUBE にこのLPの収録曲が3曲UPされていたのですが
↓この通りたるいのばかりでした↓
http://www.youtube.com/watch?v=XhNdaRLNz48

④ The Young Americans / While We’re Young
t%20010.jpg
これも上のレコと同じ理由で渋谷ユニオン地下で購入。
所謂一つの 「 人大杉ジャケ♪ 」
プロデュースは ANITA KERR ( アニタ・カー )のようです。
「 GOODBYE SADNESS ( TRISTEZA ) 」収録で元気なアレンジでした。
この手のレコは平均点的と言うか、
はずさない代わりにそこまで超良いというわけでもない、そんなのが多いです。

⑤ Azymuth / Aguia Nao Come Mosca
zx%20001.jpg
ブラジルのフュージョンバンド、アジムスのセカンドです。ユニオン北浦和にて1710円。
日本盤の帯付は珍しいと思ったら、そうでもないようです。
「 涼風 」という邦題でも分かるようにFOR THE CHILLING な1枚です。
夏にいいです。
ミルトン・ナシメント作の「 CIRCO MARIMBONDO 」が一番好きなんですが
音源UPされていないので
このLPの中から、おいちゃん連中には懐かしい
「 VOO SOBRE O HORIZONTE 」をどうぞ♪

8月はNO ONLINE でした。
ユニオンの渋谷ジャズ・レアグルーヴ館(地下)と北浦和店の
合わせ技が一番しっくり来ますね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す