2010年4月のレコード その1

2010年4月のレコード その1

まずは日本女子の7インチから

① 桑名晴子 / ムーンライト・サーファー
100408%20005.jpg
石川セリの歌で知られる「ムーンライト・サーファー」のカバー7インチです。
「 DOWN TOWN 」の英語カバーが入ってるLPには

こちらの通り英語バージョンが収録されていますが
今回買った7インチは日本語バージョンです。(音源UPされてません)
桑名晴子物はなんでも買っていますが、これは結構当たりでした。
上尾のハードオフで42円だったヤッピー盤 ♪

② 朱里エイコ / SAMURAI NIPPON
100408%20004.jpg
今更載せるまでもない1枚ですが、サムライニッポンです。

A面は英語バージョン

B面は日本語バージョン

バックの演奏が格好良いですよね。後ろの「ポポーン」て音がデスコを感じさせます。
これも上尾で42円。

③ 金子マリ & バックスバニー / あるとき
100405%20014.jpg
北浦和のユニオンで関口紘嗣君と偶然会った時にお勧めされて買いました。
彼女の声、バックの演奏も合わせてファンキーな曲です。
ワカチョコギターもいいですわ ♪
いかちいライブ音源はめ込んでおきます。

④ 五輪真弓 / 煙草のけむり
100413%20002.jpg
自分の中では五輪真弓さんは「 煙草のけむり 」の人です。
決して「 恋人よ 」の人ではない。

レコードを買い始めて間もない時に50円で買った彼女のライブ盤。
その中に入っていたこのバージョン

めっちゃ好きでした。

LPや今回買った7インチのバージョンはもう少しゆっくりなんですよね。

こちらもすばらしい。

「 火を貸してください ぼくの暗い心に 火を灯してください あなたの赤いマッチで 」

という歌詞が大好きです。一生もんの名曲です ♪
んー彼女は確かに「 和製キャロル・キング 」ですな。

⑤ しばたはつみ / 合鍵
100408%20007.jpg
イントロのドラムブレイク ♪

とかじゃないよ。彼女の声が大好きなんです。
艶っぽさと悲壮感の同居っていうのでしょうか?
彼女の作品はまだまだ持っていないのが沢山あるので
レコード屋で見たことのない番を見つけるたびに僕は買い続けるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す