2011年5月のレコード その14

2011年5月のレコード その14

あまり見かけない方の1枚。

石川晶とカウント・バッファロー / エマジェンシー・テイク2
110512%20010.jpg

ジャケがボケててすみません。
北浦和の和物セールの残り香を嗅いでいたら1800円で見つけました。
「 頻繁に見ないからもっと高くてもいいのにな、、、 」
なんて思いつつ安いに越したことはないので買いました。

僕は別にドラムブレイクとかはどうでもよいので無理に買わなくても良いはずなんですが

1の方を持っているので2もあった方が収まりががいいかな?ってね。。。
因みに 2009年6月のレコード その2 の記事で載せてます。

              ↓↓↓ 以下リンク ↓↓↓
http://tezyjay.maakikaku.jp/2009/07/20096_2_1.php

なんか2年前の方が買いっぷりがいいですね。
しかも1回の日記で10枚もアップしている。バカですね、、、

今回買ったのはテイク2というだけあってエマジェンシーの曲を
再演奏しているのかと思いきや若干ニュアンスが違ってました。

エマジェンシーのようなダイレクト・カッティングのレコードは
各TAKEに1枚の原盤しかないため、作られるレコードの数には限りがあるらしく
この方式でレコードを作る場合はOKテイクを3つ位作っておく(原盤3枚)そうです。
3つのテイクはそれぞれ若干演奏が変わりますよね。

各テイクにTAKE1、TAKE2、TAKE3、と名前を付けTAKE1の原盤が使えなくなる頃に
TAKE2の原盤に変えてレコードを作るらしいです。
今回のはそのTAKE2にあたるものだそうです。

ライナーには
「TAKE1とは一味異なる演奏、TAKE1と聴き比べるのも良いでしょう
ダイレクト・ディスクならではの素晴らしいサウンドをこのレコードでお楽しみ下さい。」
と書かれていました。

それじゃあ聴き比べて楽しんでみようか、と思ったんですが1の方が見つからない。
ということで部屋の中で1を頑張って DIG することとなりました。。。

1の方も結構高い店は高いみたいです。

和物好きは「 YAMA-TO-MIZU 」「 DRUM SOLO 」をプッシュしそうですが、自分は

Bob James 「 You’re As Right As Rain 」

「 EPLE 」ネタ(1分35秒~)で有名なこの曲のしっとりしたカバー

James Taylor 「 Don’t Let Me Be lonely Tonight 」

の TAN TAN によるこれまたしっとりカバーがお勧めです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す