太鼓盤 その103

部屋にあるレコードから
高い安いは関係なく個人的にグッとくる太鼓盤を紹介してきます。

太鼓盤 その103

どんな意図のカップリングなんだろ?

Salena Jones / Mieko Chirota
120604%20009.jpg

A面がサリナジョーンズでB面が弘田三枝子のベルギー盤。

120604%20010.jpg

一度見たら忘れないジャケですよね。
レーベルに Recital At The Festival “The Golden Orpheus ’73”
と書いてあるので73年のライブの模様を録音したレコードなんでしょう。.

このレコード、ジャケには収録曲が書かれていないので
買うのを躊躇してしまいがちですが、結構お勧めです。

両方とも様々な有名曲をカバーしています。
サリナジョーンズは「 Light My Fire 」のカバーがナイス。

弘田三枝子はレーベルには
「 This Could Be The Hardest Of Them 」と書いてあるけど
実際は「 This Could Be The Start Of Something Big 」のカバーが入ってて
ビッグバンドをバックに軽快に歌われる彼女の跳ねた声が印象的です。
発音が凄い自分好みでもあります。

前と比べると若干高くなってる気もしますが
見かけたら試聴してみてください。

弘田さん、ベルギーではCHIROTAさん表記だったみたいですね、、、

SNSでもご購読できます。

コメントを残す