WE'VE ONLY JUST BEGUN

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その15

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その15

DANNY HODGSON / HAMMOND GOES BOSSA
100112%20003.jpg

ぐぐってみたらこのレコード、前にTEZY JAY日記で紹介したやつでした。
それによると2008年の4月に BALLROOM さんで買ったようです。

裏ジャケ
100112%20004.jpg

前のをコピペしますと

ボッサ・ミーツ・ハモンドな魅惑の「いーじーりすにんぐ盤」です♪
全ての楽器がお互いに自己主張しすぎてないところがグーな訳で
部屋で作業している時なんかに軽く流しておくのにピッタリなBGMレコードです。

という事でした。
やはり「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」のカバーが一番好きです。
イージー物にしてはバックの演奏もしっかりしていて◎です。

高くないのでレコやで見つけたら視聴してみた下さい。

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その14

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その14

REUBEN WILSON / THE CISCO KID
091230%20013.jpg

ファンキーなオルガン奏者であるリューベンウィルソンのレアグルーブの有名盤です。

裏ジャケ
100109%20010.jpg
葉巻の銜えっぷりがお茶目でいいですねえ ♪

彼のオルガンは何か乾いた感じがして好きです。
「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」もからっとしてます。
中盤からのホーンがとても印象的なんですが誰が吹いてるんでしょうか?
(聴いてもらいたいんですが動画が無かったっす。)

WAR 「THE CISCO KID」のカバー
http://www.youtube.com/watch?v=L_y9OkqCMWI
はファンキー度全開でこれは腰をゆっくり揺らしながら踊れます。

(おまけ)
ちょっとタイムリーで出し辛いんですがスモーキンな HOW HIGH のサントラから
Cypress Hill , Method Man & Redman による 「 Cisco Kid 」をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=n8iKWB9bRn4

これは大好物。磨者と踊った懐かしの曲です。いかちいっす。

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その13

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その13

踏ん切りがついてやっと買えた盤です。

この12インチをゲットしたのでサンプリング4連発することにしました。

PETE ROCK AND CL SMOOTH / ALL SOULED OUT
100401%20004.jpg

1991年に発売された彼らのデビューEP
中古レコ屋にはドイツ盤の再発ばかりがあり買う気にならず、、、
かといってオリジナルは高嶺の花で手がでず、、、

をゲット ♪

裏ジャケ
100401%20005.jpg

念のためレーベルも載せときます。
100402%20001.jpg

因みにこっちが再発。(拝借画像)
saihatu%20pete.jpg

目当ての曲はもちろん
「 MECCA & THE SOUL BROTHER 」
http://www.youtube.com/watch?v=eWDA_-JBPDs

その12で紹介したレコでも使われている
O’DONEL LEVY の 「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」をサンプリングしています。

原曲である O’DONEL LEVY のヴァージョンが良いだけに
このワンループの気持ちよさにやられちまうわ。

EPの全曲が素晴らしいんですが

「 GO WITH THE FLOW 」
http://www.youtube.com/watch?v=99Bck0eexZw&feature=related

が「 MECCA & THE SOUL BROTHER 」の次に好きです。

さて、
高い店で12800円、8900円などのこの高額盤ですが
「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」ファンを高らかに宣言した以上
いつかはオリジナルを買わないといけないと思い
がんばってヤフオクで6000円以内で落としました。

高いっちゃあ高いけどお買い得と言えばお買い得です。

自分が持ってる 「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」サンプリング物はまだこの4枚ですが
もし他にもサンプリングしてるHIP HOP を知っているという人がいたら教えてください。

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その12

連ちゃんDEF。

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その12

そしてサンプリング3枚目は

BIG CHEESE RECORDS PRESENTS THE MENU
100126%20001.jpg

というフランス産 HIP HOP コンピ(1994年)から。

裏ジャケ
100127%20001.jpg

このコンピの中の
SCHKOONK HEEPOOZ 「 LE SOLEIL BRILLE 」がサンプリングしています。
http://www.youtube.com/watch?v=EB7v2dvUPzI&feature=related
(↑聴いてみて↑)

聴けば分かりますが、WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その6 で紹介した
O’DONEL LEVY の 「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」をサンプリングしています。

こんなレコ絶対自分だけじゃ見つけられませんし、存在自体知りませんでしたが
ヤーさん(内門さん)の店 BALLROOM RECORD さんにはちゃんと置いてるんですよね ♪
BALLROOM のサイト内で「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」を検索し
このコンピの存在を知った次の日には吉祥寺にダッシュしてました。本当に参りました。

これはマイナーだけどグッと来ますわ。

最近発覚したんですが、この SCHKOONK のLPが存在しその中に
「 LE SOLEIL BRILLE 」も入ってるっぽいので、そのLPも買わないといけなくなりました。
やっパリ(フランスだけに)ね、コンピより正規LPでしょ(笑)

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その11

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その11

といいつつサンプリングレコ2枚目。

PEOPLE UNDER THE STAIRS / O.S.T.
100215%20005.jpg

アンダー・グラウンド HIP HOP 界隈でかなり人気だった
PUTS の2002年リリースの3RDです。

裏ジャケ
100215%20006.jpg

2枚組LPですが全体的にネタ感が感じられ好きなテイストです。
ちょっと分かり辛いですがこの曲が使っています。
「 THE BREAKDOWN 」
http://www.youtube.com/watch?v=4VFBJwqCUck

この曲のサンプリングネタネタは
確保するのが以上に難しい「 最難関レコード 」
THE WOODEN GLASS FT. BILLY WOOTEN の「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」です。

収録LPのオリジは78000円とか。その前に見ない。再発もあるんですけどね。
音が良いと言われる7インチは前に須永さんが高額でBALLROOM で買ったとか。
今では20000円では買えなさそうです。

YOUTUBE に動画が入ってるのですが、いつかゲットしたときのためにリンクは控えます。
今のところ自分が一番お金を出していいレコードは
THE WOODEN GLASS FT. BILLY WOOTEN の「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」
7インチですわ。気持ちよすぎるもん ♪

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その10

「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」絡みで
とっても欲しかったレコが手に入った記念で、ここからの

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー カテゴリーは

4枚連続で「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」をサンプリングした曲にします。

1発目は7インチ

EXAMPLE / SO MANY ROADS
100213%20004.jpg

黄色いビニールに入っていて目立つレコ。

DMRで、発売時に買いました。

ビニール取ったら
100213%20002.jpg

裏ジャケ
100213%20003.jpg

「 SO MANY ROADS 」
http://www.youtube.com/watch?v=7IbYJoWrOIg

CARPENTERS 「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」をサンプリングしてます。
サビまで入ってますから分かり易いです。

2000円以内で買えますがユニオンに落ちて来ると安いので是非 ♪

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その9

「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」のカバーをひたすら集める ♪

その9

BORIS GARDINER / FOR ALL WE KNOW
100112%20007.jpg

レゲェです。甘ーいです。
これは渋谷のパルコの地下にカフェ・アプレミディ・セレソンがあった時
さらにまだアナログを売っていた時(結構前ですよね)に半額セールで買いました。
2800円が1400円になってました。
もともと高くない盤なのでユニオン辺りだと1000円以下で買えるかもしれません。

裏ジャケ
100112%20008.jpg

これを買った時は「 I’M STILL WAITING 」のカバー目当てだったので

「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」に関してはノーマークでした。
少し前に部屋でこのカバーの存在を再発見し、
聴き直したら素晴らしかったので何度もリピートして聴いてました ♪

ゆっくりしたテンポで、エレピに絡むBORIS GARDINER の優しい声に癒されます。
バックの女性コーラスも曲の良さを際立たせてくれます。
これは甘いソウルが好きな人にも是非聴いてもらいです。

他に
「 GOT TO BE THERE 」
「 IT’S TOO LATE 」
のカバーもやっています。

このLPには入っていませんが彼の名曲といえば
「 I WANT TO WAKE UP WITH YOU 」ですよね。リンクしておきます。

Boris Gardiner – I Want To Wake With You
http://www.youtube.com/watch?v=4AuHibzE0aY

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その8

「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」のカバーをひたすら集める ♪

その8

カテリーナ・バレンテ / 世界のエンターティナー
100204%20001.jpg

何かと多作な CATERINA VALENTE も歌ってました。
珍しそうな日本盤帯付きに飛びつきました。
彼女は昔から結構日本でも人気があるみたいで日本盤結構ありそうです。

裏ジャケ
100204%20003.jpg

これも BALLROOM RECORD さんで買ったんですが
とりあえず CATERINA VALENTE なら間違い無いだろうと
視聴のお勧めも断り聴かずに購入しました。

家に帰って、「いつものグルーヴィーな感じで来いや!」
と意気込んで「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」を聴いたら

まさかのアカペラ ♪

いいんだよ!! いいんだけど!? いいのか?? んーーー残念。
元気な感じのアレンジを期待していただけにちょっと消化不良。

でも綺麗な歌声を、何の邪魔もなく聴けるということでOKでしょう。
アカペラだということを知っていてもどうせ買うことになったと思います。

このLPが日本盤の帯付きだったということで
疑惑が真実に変わる体験ができました。
前に越谷の SMP で ヴァレンテとロス (10年1月のレコその1で紹介)
を買った時に店主に

「そのカテリーナ・ヴァレンテってたしか通訳やってた人だよ」

と教えてもらったんですが本当なのか疑問でした。
それがこの帯の紹介文で
100204%20002.jpg
「歌う通訳」だと ♪
SMPの店主さんの言うことは本当でした。
疑っていたわけではありませんが SMP様 ごめんなさい。

カテリーナが通訳をしていたという事実が
今後のカテリーナを聴く時のスパイス、、、、、になったりはしませんが
小ネタとして使えそうです。

帯付きはやはりオモロですなー。

この盤とは関係無いですが
CATERINA VALENTE の「 FEELIN GROOVY 」カバーは最高なので
見つけたら視聴してみてください。自分は欲しいけど高いのでまだ買えていません。

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その7

「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」のカバーをひたすら集める ♪

その7

MARK LINDSAY / SILVER BIRD
100111%20009.jpg

「 銀ジャケに外れ無し 」という名言をどこかで聞いたことがあります。
タイトルが「 SILVER BIRD 」だけに光沢のある銀ジャケです。
このジャケで中が良さそうには到底思えませんが、、、

MARK LINDSAY ( マーク・リンゼイ )は
米国オレゴン州生まれのポップシンガー・ソングライターで
Paul Revere & The Raiders のリードボーカルをしていたそうです。
これはそんな彼のソロ作品です。

裏ジャケ
100111%20010.jpg

「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」
http://www.youtube.com/watch?v=juCQ9ACLrN8&feature=PlayList&p=9EAC46393C18D061&playnext=1&playnext_from=PL&index=51

彼の優しい声とバックのしっかりした演奏。
後半の力強いホーンはソフト・ロックを超えています。元気が出ます。

他に良いのはLPタイトルの「 SILVER BIRD 」
http://www.youtube.com/watch?v=xVv0EGiY7k4

あと「 BOOKENDS 」という曲も最高です。JIMMY WEBBの仕事と間違うくらいの多幸感♪

自分はネット検索していて
彼が「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」のカバーをしていると知り、手に入れましたが
このジャケだけ見るとスルーしてしまいそうですよね。
本当に見た目より良いレコードです。

WE’VE ONLY JUST BEGUN のカバー その6

「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」のカバーをひたすら集める ♪

その6

O’DONEL LEVY / BREEDING OF MIND
091230%20004.jpg

ちょっとは高い物も載っけないと、、、
ということでオードネル・リーヴィーのレアグルーブクラシックです。
この人のギターの弾き方はなかなか真似できないでしょう♪

裏ジャケ
100109%20014.jpg

ジャケは表も裏も格好良いですよね◎

「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」
http://www.youtube.com/watch?v=EiIt7CpTND4
素晴らし過ぎます。大好きです。
これは PETE ROCK & C.L.SMOOTH の 「 MECCA AND THE SOUL BROTHER 」
のサンプリングソースとしても有名ですよね。

他にも名曲ずらり
「 IT’S TOO LATE 」
http://www.youtube.com/watch?v=KvD80fLpp1E&feature=related

「 NEVER CAN SAY GOODBY 」
http://www.youtube.com/watch?v=yX-lWbouDPk

「 LET’S STAY TOGETHER 」などなど。

人気盤なのに恐らくアナログの再発は出ておらず(見ないだけかも)結構高いです。
最近安くなってきましたが5800円~7800円ついてもおかしくない盤です。
自分は4800円が上限、あわよくば3800円ほどでゲットする予定でしたが
昨年末神保町界隈で掘り収めをした際3000円ちょいで買うことができました。

「 WE’VE ONLY JUST BEGUN 」好きには是非買ってもらいたい1枚です。